MENU

モビットをどのように利用する?《借入れ・返済》

★概要

 

モビットではWeb完結申込を利用する事で、在籍確認を省略してネットで手続きを完了する事ができます。その場合には三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人となります。
その他ローン申込機でカードを発行する、郵送によりカードを手に入れる事でATMでキャッシングをする借入方法も選べます。

 

返済ではATM、振込み、口座振替が選べます。

 

モビットのテレビCMを見た事がある人は多いと思います。個性的な俳優の起用によりモビットという名前は、瞬く間に広い範囲に渡り浸透をして行ったようです。モビットは三井住友銀行グループの傘下に入り、銀行系の消費者金融として人気を集めているようです。

 

モビットのローン申込機は、アコムやレイク等と同じ敷地内に設置されている事も多く、赤いボックスである事からも目に付きやすいと思います。

 

 

モビットで申し込む為の方法

 

モビットで申込みをする方法はいくつかあります。

 

1.ネット申込み(24時間対応)
2.電話申込み(モビットスタッフ:8時〜21時、自動音声:24時間対応)
3.ローン申込機で申込み(8時〜21時・店舗によって違いがある)

 

ネット申込みには、在籍確認がない「web完結申込」と「カード申込」の2つの方法があります。Web完結申込にるすと電話連絡がないだけでなく、カードや契約書類等の郵送も省略されます。

 

Web完結申込の場合には、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っている事、健康保険証を持っている事が利用の条件となります。
振込みの受付けは14時50分までも申し込みが必要になるので、即日融資の申込みは早めの時間にしましょう。

 

カード申込の場合には、カードの受取り方法をローン申込機か郵送のどちらかの選択ができます。振込み以外で即日融資をしたい場合には、ローン申込機でカードを発行しましょう。カードがあれば多くの提携ATMで借入れが可能になります。

 

 

モビットでの借入れ方法とは

 

モビットで借入れをする方法は、他の消費者金融とおなじくネットキャッシングとATMキャッシングがあります。

 

ネットキャッシングの方法は、ネット上から「myモビ」を開いて振込み依頼をします。また電話でも振込み依頼が可能です。

 

ATMキャッシングができる提携ATMとは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、プロミスの他にもセブン銀行やクレディセゾン、ローソン、ファミリーマートなど、他にも多数の提携ATMの利用ができます。

 

コンビニATM以外の提携ATMには営業時間が決まっている為、24時間対応のコンビニの利用が便利ですね。

 

 

モビットで返済をする方法とは

 

モビットへの返済で最も多く利用されている方法は、ATM返済です。利用できる提携ATMも多いので、キャッシングと同じに返済でも多くの人が利用をしているようです。

 

銀行振込みによる返済もできます。現在利用している口座からモビットの指定の口座へ振込みをする事で返済ができます。

 

そして三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人ならば、口座振替による返済もできます。引き落とし日は「5日、15日、25日、末日」となります。
口座引き落としを利用する事で返済を忘れる心配がなくなりますが、返済日が決まってしまう事や、口座残高を確認する事が面倒という場合には、それ以外の返済方法を選択した方が良いかも知れません。

 

 

土日の申込みはどこの会社が良いか

 

モビットでWeb完結申込ができるのは、平日の午後2時50分までです。土日の場合には振込みを行えない為にWeb完結申込ができません。

 

モビットで土日に申込みをして当日中に借入れをするには、通常の申込みをする事になります。その場合ではローン申込機を利用してカードを発行し、ATMでキャッシングをする事になります。

 

その場合には在籍確認の必要があり、在籍確認が取れない事で翌営業日以降の扱いになることもあります。

 

プロミスやアコムでは土日の在籍確認を違う形で対応する事で、土日の借入れを可能にしています。